エジプト個人旅行 現地ツアー手配なら ナギーサファリにおまかせ。カイロ・ピラミッド・ルクソール・アブシンベル・砂漠キャンプ

HOME | プラン一覧 | 観光スポット | 写真集 | お客様の声 | ナギーサファリとは | 問合せ | リンク | 

カイロピラミッド砂漠ルクソールアブシンベルアスワンアレキサンドリアエドフ紅海リゾートその他




【ルクソール】 古代エジプトの都で、ナイル川の西岸には王や王妃の墓、東岸には巨大な神殿など、数々の遺跡を見ることができます。

<メムノンの巨像>

この2体の巨大な座像は、アメンホテプ3世の大規模な葬祭殿入り口前に立てられていたものです。その葬祭殿は後に壊され、他の神殿建設に石材として再利用されてしまいました。今は巨像だけがそびえ立ち、その大きさが際立っています。



<王家の谷/王妃の谷>

古代エジプト文明が最も華やかだった新王国時代の王、王妃の墓。盗掘を逃れたツタンカーメン王の墓は、1922年イギリスの考古学者ハワードカーターによって発見され、内部からは王のミイラや、黄金のマスクなど煌びやかな多数の副葬品が見つかりました。



<ハトシェプスト女王葬祭殿>

幼くして後継者となったトトメス3世の義母ハトシェプストは、顎鬚をつけ男装し自らファラオと名乗りました。外国への軍事遠征をやめ、平和的な貿易でのプント遠征を描いた有名な場面など、さまざまな浮彫が葬祭殿の壁面に刻まれています。



<ルクソール神殿>

カルナック神殿にあるアムン大神殿の付属神殿としてつくられた神殿です。アムン神が1年に1度オペト祭の時にここへ移ってきました。神殿の列柱廊などの壁に、祭りの行列の場面を見ることができます。夜のライトアップで違った雰囲気も。


ルクソール神殿には、少し変わった特徴があります。古代神殿の壁に、キリスト教時代に描かれた壁画が残っており、また神殿の上にはイスラム教のモスクが建てられているのです。時代が流れ、歴史が積み重ねられてきたことがわかります。



<カルナック神殿>

最大規模のアムン大神殿、コンス神殿、ムト神殿などいくつもの神々の神殿があります。羊頭のスフィンクス参道を歩き、大きな塔門を奥へと進みます。計134本、内中央には12本の20mを超える高さの巨大な円柱が立ち並ぶ大列柱室。その迫力を体感してみてください。



copyright © 2011 ナギーサファリ all rights reserved.